スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    山陽クラウンズに迫る

    0
      まず「山陽電気鉄道はプロ野球球団を経営していた」をお読み下さい。


      1952年のスポーツ新聞に掲載されている山陽クラウンズの試合結果を追っていくと気になる選手がいました。
      とある投手がほとんどの試合に登板しており、おそらく山陽球団のエースで中心選手だったのではないかと思われます。この方に山陽クラウンズのことを直接聞くことはできないだろうか?


      浮田 逸郎(うきた いつろう)
      1932年3月27日生 右投右打 投手
      佐世保北高校出身
      1950年西日本パイレーツ入団(練習生)
      1953年洋松ロビンス  9試合0勝0敗 防御率6.00


      「浮田逸郎」をネット検索すると、同姓同名の方が佐世保市の軟式野球連盟会長をつとめているとの情報を発見。山陽クラウンズでプレーしていた浮田投手は佐世保北高校出身。同一人物で間違いないと確信し、「会って話を聞かせていてだけないでしょうか」と、佐世保市軟式野球連盟の浮田氏宛にダメ元で手紙を送ってみました。


      そして浮田氏に手紙を送ってから2ヵ月後。なんと浮田氏からお返事が届きました。
      浮田氏の体調面もあり残念ながら直接の面会は叶いませんでしたが、突然の手紙にも関わらず、当時のことを丁寧に教えていただく事ができました。
      ここからは私が調べた情報と、山陽クラウンズの元エース・浮田氏の証言に基づき、山陽クラウンズの実態に迫ります。


      浮田氏は高校を卒業後、1950年にテスト生として西日本パイレーツに入団します。しかし西日本パイレーツには二軍が存在していなかったため、同年6月に浮田氏を含む西日本の4選手が山陽クラウンズに預けられます。


      ここで一つの疑問が浮かび上がります。山陽電鉄の社史では、「山陽クラウンズは1950年9月に創設」となっているのに対し、浮田氏の証言では1950年6月に山陽クラウンズに預けられており、社史で公表されている創設時期の9月と浮田氏の証言には3ヶ月のズレが生じます。

      そこで当時のスポーツ新聞を1950年5月まで遡って再度しらみつぶしに調べたところ、1950年5月14日のスポーツニッポン大阪版に山陽球団創設に関する記事を見つけました。


      山陽球団創設に関する当時の記事をそのまま転記します
      --------------------------------------------------------------
      「マイナーチーム山陽球団生る」
      山陽電鉄ではこのたびプロ野球マイナー・チームをめざして神戸クラブ山陽野球団を結成することになった。これはあくまでも選手の養成を目的として青少年より希望者を募り正しい野球技術、プロ野球人としての教養など円満なる常識をグラウンド合宿中の日常生活に織り込んでいままでのような野球界のへい害を除去し明朗なスポーツマンライクな野球界の実現を目指している。経営は山陽電鉄株式会社が当たることになって選手の公募は22日九時から明石球場で行われる。有資格者は十七歳−二十三歳まで、これらのコーチには村井竹之助氏が当る
      --------------------------------------------------------------

      従って山陽クラウンズの創設年月は、山陽電鉄の社史に掲載されている1950年9月ではなく、正しくは1950年5月13日だったということが分かりました。また、正式な名称は「神戸クラブ山陽野球団」だったということも分かりました。
      次回の投稿では、新聞に掲載されていた山陽クラウンズ創設の目的である「選手の養成」とはどういうことなのかを書いていこうと思います。


      =つづく=

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.17 Tuesday
        • -
        • 00:27
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        どきどきするなあ!
        • 広尾晃
        • 2014/12/03 2:10 PM
        村井竹之助は34年の全日本の一員ですね。
        • 広尾晃
        • 2014/12/03 2:57 PM
        広尾さん

        あんまり期待しないでください。笑
        村井竹之助については、野球雲4号で栗栖章さんが「1934年代表選手の名鑑」に詳しいプロフィール書いていますね。
        • 管理人
        • 2014/12/03 8:53 PM
        野球小僧2009年8月号に山陽クラウンズに関する浮田逸郎氏のインタビュー記事が掲載されていますね。

        私もかなり昔、インターネットが無い時代にこのチームに関して調査した事があります。
        ちなみに当時の山陽電鉄社史には一言も触れられていませんでした。

        管理人さんのこのシリーズ記事に一区切りつきましたら、私の知り得る補足情報をコメントしても宜しいでしょうか?
        • ALEX
        • 2014/12/03 10:35 PM
        ALEXさん

        5年前に浮田さんにインタビューされている方がいらっしゃったんですね!驚きました。野球小僧手に入れて読んでみます。

        ひょっとしたらすでに野球小僧に出ている情報なのかもしれませんが、今晩また更新するつもりです。
        ぜひ補足情報よろしくお願いします。
        • 管理人
        • 2014/12/03 10:50 PM
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        野球ブログ瓦版!

        ゆるすぽweb

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 三軍の歴史−下−
          名無し
        • ルーキーイヤーの松井秀喜の二軍成績
        • ライト中畑清
          管理人
        • ライト中畑清
          XLIV
        • 金城龍彦の父のプロ野球選手時代
          マニア
        • 山崎福也の父は二軍の強打者だった
          れみちち
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          たか
        • 吹石徳一の二軍成績
          イレブン

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM