スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    山陽クラウンズに迫る

    0
      1950年10月3日、明石球場に阪急、南海を招いて山陽野球団誕生プロ野球二軍リーグ戦が開催されました。
      この試合の入場料は大人60円。小中学生30円。当時のプロ野球の入場料が80円だったことを考えれば、二軍戦とはいえ入場料はそれなりに高かったと言えます。


      1950年10月3日 明石球場 10時試合開始
      阪急 200 320 100=8
      山陽 110 000 000=2
      (急)久保−新居、土屋
      (山)梶原、藪田−小笹

      1950年10月3日 明石球場 12時試合開始
      南海 100 000 220=5
      阪急 000 010 000=1
      (南)有友、野口−眞田、杉本
      (急)石田−新居

      1950年10月3日 明石球場 14時試合開始
      南海 003 000 000=3
      山陽 000 002 000=2
      (南)萩本、西堀−眞田
      (山)浮田−小笹


      山陽クラウンズの記念すべき初試合は二軍の歴史が最も長い阪急戦。先発の梶原宗弘が初回に2点を失うものの、その裏すかさず1点を返し、2回裏に同点に追いつきます。しかしその後、小刻みに得点を重ねた阪急の前に2−8で惜敗。なおこの試合で2番手として登板した藪田政則は、浮田と同じく西日本パイレーツから預けられた選手の1人でした。

      南海−阪急の試合を挟み、つづいては14時から南海との試合に臨みます。山陽は3回に3点を先制されますが、6回に2点を挙げて1点差にまで詰め寄ります。しかし反撃もここまで。南海にも敗れてこの日は2連敗。先発の浮田は完投するも打線の援護がなく好投報われませんでした。


      山陽クラウンズの初試合から1ヵ月半後の11月21日、二軍にとって初の公式トーナメント戦となる「第1回日本マイナーチーム選手権大会」が大阪球場で開催され山陽クラウンズも参戦します。
      トーナメント1回戦の対戦相手は大洋。この試合の先発・藪田は4回表に4連打を浴びて降板。リリーフした浮田も大洋打線の勢いを止められずこの回だけで4失点。一方、山陽打線は大洋先発・川口の速球に完全に力負けし、6回裏に深町の三塁打と來田の安打で2点を返すのが精いっぱい。1回戦で早くも姿を消します。


      1950年11月21日 大阪球場
      大洋 014 000 010=6
      山陽 000 002 000=2
      (洋)川口−川瀬
      (山)藪田、浮田−小笹


      山陽クラウンズの1年目の戦績は3試合で0勝3敗でした。
      この年限りで村井竹之助監督は退任、代わって1951年からはオールスポーツ紙で評論家として活動していた早稲田大OBの近藤金光が監督に就任しました。

      =つづく=

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.17 Tuesday
        • -
        • 01:15
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        野球ブログ瓦版!

        ゆるすぽweb

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 三軍の歴史−下−
          名無し
        • ルーキーイヤーの松井秀喜の二軍成績
        • ライト中畑清
          管理人
        • ライト中畑清
          XLIV
        • 金城龍彦の父のプロ野球選手時代
          マニア
        • 山崎福也の父は二軍の強打者だった
          れみちち
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          たか
        • 吹石徳一の二軍成績
          イレブン

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM