スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    山陽クラウンズに迫る

    0
      1951年1月30日、浮田氏が所属する西日本パイレーツは、西鉄グリッパーズに吸収合併されることが決まります。
      これにより、山陽クラウンズに預けられていた西日本所属の選手は全員解雇となり、浮田氏は故郷の佐世保に帰り市役所の体育課に就職をします。しかし浮田氏は、「今一度、硬式野球で自らの目標を達成させたい」と山陽の総監督・加藤吉兵衛にお願いし、正式に山陽クラウンズへ入団することが決まり野球界に返り咲きます。


      ここで他球団に目を向けてみると、大洋ホエールズは二軍の編成こそしていなかったものの、複数の準登録選手(一軍の公式戦には出場できない)を抱えており、渡辺大陸総監督が実質的な二軍として準登録選手の指導にあたっていました。
      しかし1951年途中に渡辺大陸が大洋を退団すると、実質的な二軍もなし崩しとなってしまい、大洋は山陽クラウンズに数名の選手の養成を委託し預けます。

      また山陽クラウンズ内では、創設時の1950年から在籍していた捕手の小笹恒夫が、1952年に毎日オリオンズへ入団することが決まります。これは山陽クラウンズを経由して他球団へ移籍した初のケースとなりました。


      再び話しを1951年に戻すと、この年から近藤金光が山陽クラウンズの監督に就任し選手の指導にあたります。この年は、たまに在阪球団の二軍との練習試合を行ったものの、大半の時間を練習に費やし、山陽の選手たちは実践の機会が明らかに足りていませんでした。

      試合の機会が少なく選手達のモチベーション維持を危惧した山陽球団は、1952年より一軍の前座試合になることが決まった二軍戦への本格的な参戦を申し入れ、これが了承されます。4月15日には在阪球団の二軍による初の公式リーグ戦にあたる「関西ファームリーグ」の設立が決まり、山陽クラウンズも関西ファームリーグに参戦します。

      本格的に二軍戦に参戦した当初こそは連敗続きの山陽も、7月5日、6日に開催された「和歌山県知事杯 関西ファームリーグトーナメント大会」では1回戦で阪神、準決勝で西鉄を破り決勝まで駒を進めます。決勝戦では名古屋に1−11で大敗するものの、春先よりも着実に選手達が力をつけてきていることを証明します。


      <1952年7月5日〜6日 和歌山県知事杯 関西ファームリーグトーナメント大会の結果>
      トーナメント

      当時の新聞紙面で確認できる限り、山陽は6月18日から8月28日の間に12試合を戦い、8勝4敗の好成績を残します。しかしながら、8月28日の名古屋戦を最後に山陽が試合を行った形跡は見当たりません。間もなく、山陽は解散します。


      「会社の都合で球団の解散が決まるが、自分と高橋眞輝外野手の2人は紹介されて大洋へ入団することになり、9月から東京生活が始まった」というのが浮田氏の証言です。社史には、「経営が成り立たずに1952年10月に解散」と載っていました。
      大洋から複数の準登録選手を預かり、少ないながらも山陽には養成委託料は入ってきたでしょうが、解散が決まるまでの間に山陽が自前で育てた選手を他球団へ移籍させたのは小笹恒夫の1件のみ、二軍戦の収入もほとんどなく経営が行き詰まってしまったのだと推測します。
      新聞では山陽野球団の解散に関する記事が見つけられなかったため、はっきりとした解散時期は不明ですが、浮田氏の証言から推察するに1952年9月頃の出来事だと思われます。


      大洋は翌1953年に松竹と合併し、球団名は大洋松竹と変わります。浮田氏は1953年に一軍での初登板も果たしますが、肩を故障してこの年限りで大洋松竹を退団、現役を引退します。西日本パイレーツの練習生から山陽クラウンズを経て大洋へ移籍しながら、わずか1年限りでユニフォームを脱ぐことになりましたが、「悔いはありません。」という一言で、浮田氏からの手紙は締めくくられていました。


      以上が元エースの浮田逸郎氏の証言と当時の新聞から見えてきた戦後間もなくわずか3年間だけ存在した独立二軍球団・山陽クラウンズの足跡です。
      最後に、私が調べられた限りの山陽クラウンズの1952年の成績です。そのうちボックススコアもアップしようと思います。


      1952年 山陽クラウンズ成績
      28試合11勝16敗1引分
      浮田逸郎 8勝7敗  31打数9安打 打率.290 1本塁打
      ※新聞で確認できた結果のみ集計しているため、実際の数字とは異なります。参考程度と思ってください


      =おわり=

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.17 Tuesday
        • -
        • 00:20
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        野球ブログ瓦版!

        ゆるすぽweb

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 三軍の歴史−下−
          名無し
        • ルーキーイヤーの松井秀喜の二軍成績
        • ライト中畑清
          管理人
        • ライト中畑清
          XLIV
        • 金城龍彦の父のプロ野球選手時代
          マニア
        • 山崎福也の父は二軍の強打者だった
          れみちち
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          たか
        • 吹石徳一の二軍成績
          イレブン

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM