スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    第3回 味方にやられて流血の不運!吉原孝介

    0
      ブログの先月のアクセス数を見てみたところ、検索ワードの上位だったのが「岡田展和」。
      有名選手であれば検索すればいくらでもヒットするだろうが、岡田は比較的マイナーな選手。検索するとこのブログが上に来るようだ。


      私は巨人ファン。元々このブログを立ち上げた時、私が見てきた主に80年代〜90年代に巨人に在籍していたマイナーな選手をエピソードつきで紹介しようと思い、「懐かしのマイナー選手」というカテゴリーを作っていたが、岡田展和、高村良嘉の2選手でストップしていたので、これからはこのカテゴリーも定期的に更新していこうと思う。


      前回の岡田展和から8カ月のブランクを経て、第3回目に紹介するのは吉原孝介捕手。


      俊足・強肩の捕手として1990年ドラフト2位で入団。この時、巨人は後に阪神の正捕手となる矢野輝弘をドラフト指名している。しかしながら中日との競合の結果クジを外し、外れ2位で指名したのが吉原だった。おそらく矢野が巨人に入団していたら、後に球界を代表する捕手になることはなかったのではないだろうか・・・


      吉原がドラフト指名された1990年は、腰痛持ちの中尾、衰えの隠せない山倉に代わり、パワフルな打撃を武器とする8年目の村田真一が台頭。6月以降はほぼ正捕手の座を手中にした。この年の投手陣は130試合で70完投、一軍登板したのはわずか10人のみで1年間を乗り切るほどの無敵状態を誇っていた。ところが1991年は一変して自慢の投手陣が崩壊。さらに正捕手の座をつかんだかに思われた村田は、右肩に手術歴のある弱点を突かれ相手チームにフリーパス状態で走られまくった。そのため、新人ながら強肩を武器とする吉原に白羽の矢が立った。


      1991年5月5日、巨人の新人捕手としては山倉以来となる一軍の試合でマスクを被り、7月3日のヤクルト戦(神宮)ではスタメンマスク2試合目にして、打ってはプロ入り初ヒットとなる決勝ホームランを含む3安打猛打賞。守っては斎藤雅樹を完封勝利に導く好リードを見せ、以降、しばしマスクを被りハツラツとしたプレーを見せた。一気に正捕手候補に名乗りを挙げ、1992年は開幕カードが足を武器とするチームカラーの広島だったことから開幕からスタメンマスクを任されている。順調なスタートを切ったプロ2年目だったが、開幕4試合目の阪神戦(東京ドーム)で5回裏に盗塁を試みスライディングした際に左足を負傷。これで靭帯を痛めてしまい、以降のプレーに精細を欠いた。その間に西武からトレードで大久保博元が加入。そして大久保が大活躍したことにより吉原の出番は激減する。さらに一度は正捕手争いから脱落しかけた村田も巻き返し、その後の吉原の野球人生は控え捕手としての道を歩むこととなる。


      ルーキー時代にはつらつとしたプレーを見せて2年目のシーズンには正捕手のポジションを掴む寸前のところまでいったが、ケガによってチャンスを逃してしまった。逃した獲物は大きくその後は第三捕手の位置づけとなり、あまり目立たない選手に成り下がってしまった。

      第三捕手のため出場機会は限られベンチを温める日が増えるが、そんな中、1998年7月31日に事件は起こった。球審のジャッジに不満を募らせたガルベスが、降板の際に手に持っていたボールを球審にめがけて投げつけたのだ。さらにガルベスは大暴れし、これを止めに入った巨人の選手の顔にガルベスの肘が入り、口の中から流血するシーンがもろにテレビに映し出された。味方であるはずのガルベスの手によって負傷させられた不運な選手こそ吉原だった。

      翌1999年、正捕手の村田真一が4月7日の横浜戦(横浜)で斎藤隆から顔面死球を食らい左ほお陥没骨折の重傷を負い、二軍で調整中の吉原に一軍からお呼びがかかる。ようやくめぐってきたチャンスで、第三捕手ながらも経験のある吉原の出番も増えるかと思いきや、5月16日、同一リーグの中日の捕手・光山英和とのトレードが成立。おそらく吉原には「なぜ?」という気持ちがあったのではないだろうか。トレードが発表された当日の横浜戦にも吉原はベンチ入りし、巨人はこの試合に勝利するがナインとハイタッチする吉原の姿がすこし悲しげに見えた気がした。


      こうして吉原がシーズン途中に寂しく巨人を去った。その後、中日を経てオリックスに移籍するが、2011年に10年以上の時を経て、コーチとして巨人に復帰を果たした。ちなみに桑田真澄は吉原のキャッチングを好んでおり、桑田が先発する試合では吉原がスタメンマスクを被る機会が多かった。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.17 Tuesday
        • -
        • 22:40
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>

        野球ブログ瓦版!

        ゆるすぽweb

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 三軍の歴史−下−
          名無し
        • ルーキーイヤーの松井秀喜の二軍成績
        • ライト中畑清
          管理人
        • ライト中畑清
          XLIV
        • 金城龍彦の父のプロ野球選手時代
          マニア
        • 山崎福也の父は二軍の強打者だった
          れみちち
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          管理人
        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
          たか
        • 吹石徳一の二軍成績
          イレブン

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM