スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    巨人三軍の動向

    0
      今年、巨人は三軍を創設した。三軍監督は川相昌弘、コーチは阿波野秀幸、秦真司、後藤孝志、金城龍彦、円谷英俊、穴吹育大がつとめ、社会人、大学生、独立リーグを相手に1年間で90試合近くの交流試合が行われることが発表されている。


      巨人は1990年〜1991年の二年間、三軍制度を敷いていたので、正確には25年ぶりに三軍制が復活したということになる。
      しかし25年前は、当時認められていた支配下外の練習生たちが三軍に位置付けられ、三軍は練習生の基礎体力作りやケガ人のリハビリを目的としていたため、三軍として実際に試合をしたことはなかった。よって、選手の育成を目的とした本格的な三軍ということでは今年からとなる。


      巨人軍の公式HPに三軍の簡易な試合結果が公開されているが、ソフトバンクのように三軍の個人別の通算成績までは掲載されていない。おそらく今後、公開もされないだろう。
      個人別の記録を見ることによって、支配下に近い選手が誰かを把握できたり、選手一人一人の成長の跡が見えるはずだ。そこで、ここまでの巨人三軍の足跡を追ってみた。




      三軍初試合は2月14日の巨人二軍戦。同一チーム同士なので紅白戦とも思えるが、二軍対三軍と銘打って行われた試合なので、この試合を初の三軍戦と解釈する。

      3月末まで9試合を戦い2勝5敗2引き分け。1試合平均2.1得点。3月21日の青森大戦で9得点と打線が爆発したが、それ以外の8試合はすべて3点以内。とにかく打てない。現状の力は大学野球に近い程度ではないだろうか。


      続いては個人別の成績。
      *すべて個人調べのため、正確な記録とは限りません



      昨年まで支配下選手だった坂口が3割以上の成績を残している。
      アブレイユは3月31日に支配下登録されたが、イースタンリーグでは今日現在24打席ノーヒット。

      川相三軍監督の次男、川相拓也は全試合に出場して28打数7安打。盗塁数はチーム1。父に似た二番打者タイプだが、三振が多いのが気になる。支配下登録のためには、とにかく打力を強化することだろう。FAで出戻りの脇谷もリハビリのため三軍戦に1試合出場している。


      続いては投手の個人成績
      自責点が不明のため、防御率は失点から計算。


      ウーゴ、長谷川の2人が3月28日に支配下登録されている。
      打者陣は打ててないが、投手陣は好調。チーム全体で71回で21失点。防御率は3点台を切っている。
      田原啓吾が14.2回を投げて失点2と好調。一軍での実績十分の宮國、大竹寛も調整のため三軍戦のマウンドを踏んでいる。
      かつての守護神で最多セーブのタイトル獲得者でもある西村健太朗が三軍でも結果を残せていないのが気になる。


      4月9日からは四国ILリーグ、BCリーグとの交流戦も始まる。なお、これらの試合はそれぞれのリーグの公式戦扱いとなる。
      4月以降も引き続き、三軍の動向を追いたい。

      加藤博一の思い出

      0
        過ぎてしまったが、1月21日は大洋時代にスーパーカートリオの一人として活躍した加藤博一の命日。
        亡くなったのが2008年だったので、ご存命であればまだ64歳。今もなおテレビで活躍しているはずだ。

        私が野球を見始めた頃は既に現役晩年に差し掛かっており、「たまに代打で出てくる」程度だったので、正直プレーヤーとしてはあまり印象に残っていないが、現役引退後は解説者として野球中継やプロ野球ニュースでよく見かけた。


        なぜこんなことを書くかというと、私が通っていた高校は学年ごとに年に一度著名人を招いての講演会を行っていたが、私が高校3年生だった1998年2月に講演にきたのが加藤博一だった。記憶では、当初はマラソンの谷川真理が来る予定だったが、体調不良により急遽代役になったのが加藤博一だったはずだ。

        テーマはもちろん「私の野球人生」
        解説者としてテレビで見る通りで、とにかく話が面白かった。講演から20年近く経つが、話した内容は今でもよく覚えている。


        ・西鉄入団1年目から先輩にかわいがられ、二軍選手だったのに夜になると中州で一軍選手と合流
        ・二軍ではよく打ったが、当時の二軍監督の和田博実に嫌われていため二軍で活躍しても一軍に推薦してもらえなかった
        ・阪神に移籍してセリーグの好待遇に驚いた
        ・江川だけには強かった
        ・○○選手が打てないのは、入団時に球団から○○を贈られて、活躍しなくても生活に困らないから


        きわどい球界の裏話しもしたりで、かなり笑いを取っていた。
        二軍ではよく打ったが、二軍監督の和田博実に嫌われていたため一軍に上げてもらえなかったという話をしていたが、実際に加藤は二軍でどの程度の成績だったのか。



        ※1980年と1981年の一部記録は未調査


        和田博実が西鉄・太平洋の二軍監督だったのは1974年〜1977年。加藤は1974年〜1975年の2年間被っている。
        確かによく打っているが、一軍には上がっていない。本人が話していた通り、嫌われていたのだろう。

        キャリア通算203勝だった斎藤雅樹

        0
          久々にブログ更新。

          先日、2016年度の野球殿堂入りが発表された。斎藤雅樹は最も好きだった選手の一人。
          思えば自分にとって1990年代は野球熱が最も高かった時代。斎藤が投げる試合は本当に負ける気がしなかった。


          ピッチングもさることながら、打ってもしばし野手顔負けのバッティングを見せた。
          それゆえに1年目の1983年は、二軍首脳陣の間でも投手をさせるべきか野手をさせるべきかで意見が割れた。
          5月、当時の藤田監督が「自分の目で確かめる」ために二軍練習場の多摩川グラウンドを視察。
          その際に横から投げることを指示し、投手で行くことが決まった。


          サイドスローの転向を指示したのは藤田監督だったが、新人時代の斎藤はずっと二軍にいたため、その後、実際に指導したのは二軍投手コーチの木戸美摸。木戸二軍投手コーチの功績も大きいのではないか。


          斎藤は今年から二軍監督に配置転換。そんな斎藤の現役時代の二軍での成績。
          二軍通算では23勝。一軍の180勝と合計すると、キャリア通算で203勝となる。

          斎藤雅樹

          一度は1985年に一軍でブレークするが、その後3年間は伸び悩み。1989年以降の働きについてはいまさら言うまでもないが、
          入団1年目の1983年から1988年までの間は二軍でも48試合に登板して15完投、22勝。
          1989年に11連続完投勝利で「ミスター完投」の異名がつくが、二軍ではその兆しがあったのだ。


          せっかくなので、打者としての斎藤の二軍成績も掲載。



          この表には載せていないが、犠打が通算10個。11打席に1個の割合で四球を選んでおり、1984年には投手ながら盗塁を記録。
          やはり野手としてのセンスもあったのだということを感じさせるSTATSだと思う。
           

          金城龍彦の父のプロ野球選手時代

          0
            セ、パ両リーグともにクライマックシリーズのファイナルステージが終了し、今シーズンも日本シリーズを残すのみとなった。
            各球団の戦力外通告も始まり、阪神は金本、DeNAはラミレスの監督就任が発表され、巨人は原監督が退任。ストーブリーグも本格的に熱くなりつつある。


            しかし、シーズン中もペナントレースとは関係ない事を書き続けてきた当ブログ。もちろん、日本シリーズ、ストーブリーグはガン無視で独自路線で二軍史に特化した内容を書きたいと思う。


            昨日、巨人の金城龍彦の現役引退が発表された。昨年オフにDeNAの高田GMから引退勧告を受けるもこれを拒否。FA権を行使して巨人に移籍した。シーズン当初こそ勝負強さを発揮したが、6月以降はケガの影響もあって二軍での調整が続いていた。
            17年のプロ野球生活にピリオドを打つことになったが、金城の父親・晃世もプロ野球選手だったということはあまり知られていない。
            金城晃世がどういうプロ野球選手だったかという情報もほとんどない。そんな金城晃世の2年間のプロ野球での足跡を調べてみた。


            左投左打の投手。1966年、ドラフト外で近鉄に入団。現役生活はわずかに2年。1968年10月6日、阪急とのダブルヘッダー第1戦に二番センターで出場。しかし、打席が回ってくるとすぐに代打・小川亨が送られて交代。いわゆる偵察メンバーとしての出場だった。金城にとってこれが最初で最後の試合出場となった。


            二軍でもほとんど出場していない。
            1年目の1967年、ウエスタンリーグ・阪神戦で初出場するが、この時は本職の投手としてではなくレフトの守備固めだった。
            6月20日の阪神戦で2番手として初登板。3回を投げて被安打2、三振0、四球4、自責点1。

            7月29日のウエスタンリーグ・南海戦で初先発のマウンドを踏むが、被安打2、四球1で1つのアウトも取れずにノックアウト。リリーフが打たれて自責点3が記録されたが勝ち負けは付かなかった。





            2年間の成績は上記のとおり。2年間でも二軍戦に登板したのはわずかに6試合。
            2年目の1968年は支配下登録から外れ、この当時近鉄が構想した三軍に位置付けられた。当時の防御率計算は回数の端数は四捨五入計算だったため、1/3で0イニングの扱いとなったため防御率は∞。
            通算10回1/3で四球は9個。コントロールに難があったのだろう。

            イースタンリーグ初の後楽園球場

            0
              1954年6月に行われた二軍公式戦、新日本リーグの試合において、観客の子供にファウルボールが直撃し死傷事故が起こって以降、後楽園球場は二軍の試合開催を拒否するようになった。


              事故のほとぼりが冷めてからも、巨人と東映の二球団が本拠地にするがゆえの過密日程もあったが、首都圏開催時は観客がほとんど入らずに採算の取れる見込みのない二軍戦を開催することは敬遠され続けてきたが、イースタンリーグが再開してから8年目の1968年4月14日、14年ぶりに後楽園球場で二軍戦が解禁された。


              巨人対大洋のダブルヘッダー(第2試合は非公式戦)が組まれるが、事前から大々的に宣伝したこともあって当日は1万人もの観客を動員した。第1試合と第2試合の合間には紅白出場歌手の島和彦ショーや巨人選手のサインボールの投げ入れも行うなどファンサービスも充実させ、二軍戦とは思えないほど華やかな試合となった。


              当日の客入りが心配された首都圏開催の二軍戦でありながら1万人の観客を動員したことに関係者は気を良くし、次回は後楽園球場でナイターの二軍戦を開催する計画も立てられた。


              1968年4月14日 後楽園球場
              大洋二軍 000 001 001 = 2
              巨人二軍 240 012 00X = 9
              (洋)島田、新治、淵上ー福島
              (巨)倉田、菅原ー矢沢 


              1968年4月14日(練習試合) 後楽園球場
              大洋二軍 000 100 000 = 1
              巨人二軍 120 020 00X = 5
              (洋)大竹、稲川ー福島
              (巨)宇佐美、山内、中村ー矢沢
              <本>山下、矢ノ浦、矢沢(巨)

              吹石徳一の二軍成績

              0
                福山雅治との結婚が発表された吹石一恵の父親は元近鉄の吹石徳一。
                吹石一恵がデビューする際、「近鉄・吹石コーチの娘」として話題になったのを記憶している。


                現役時代の吹石は、ユーティリティー・プレーヤーとして重宝され、現役引退後はコーチ、スカウトを歴任。そんな吹石の二軍での成績を調べてみた。





                一部不明な部分はあるが、出場試合数、打数、安打、本塁打、打点、盗塁は正確な数字。
                若い頃は二軍戦にも多く出場している。1977年は51試合で7本塁打。これはチームトップの本塁打数。パンチ力も兼ね備えていた。1978年からは一軍に定着したため二軍での出場機会はほとんどなくなるが、82年〜85年の間は調整のため数試合二軍戦に出場しているが、いずれも本塁打を放っている。


                一軍では生涯で52本塁打、57盗塁。二軍の記録と通算すると74本塁打、88盗塁。意外性のあるパンチ力と足を兼ね備えていたことが分かる。
                 

                高橋ユニオンズに対するセリーグの反応

                0
                  プロ野球ニュースでお馴染み・高橋ユニオンズOBの佐々木信也さんと、「最弱球団 高橋ユニオンズ青春記」の作者・長谷川晶一さんのトークショー&試合観戦のイベントが本日QVCマリンフィールドのフィールドテラスシートで行われ、参加させていただいた。


                  球界のレジェンドたちの名前が次々に出てくる佐々木さんの軽快なトークはとても楽しかった。
                  トークショーの内容については後日ブログで紹介したいと思う。


                  1954年から3年間のみ存在した高橋ユニオンズ(1955年はトンボユニオンズ)は、実は二軍の活動に大きな影響を与えていることはあまり知られていない。高橋ユニオンズが加盟することによりパリーグが8球団に増えることに対して、セリーグは否定的な態度を表明していたが、実はパリーグが8球団になることに脅威を感じていた。


                  球団数が増える→試合数が増える→地方への進出危害が増える→地方の野球ファンがパリーグに流れる


                  と、セリーグは考えていたのだ。
                  そこでセリーグが対抗手段として考えたのが二軍の有効活用だった。セリーグ6球団の二軍を1954年から組織化し、新日本リーグを立ち上げた。
                  各球団の二軍は一軍がフランチャイズを置かない全国の主要都市にフランチャイズを置き、球団名も一軍とは異なるニックネームを付与した。打倒パリーグには読売が大きくかかわっていたこともあり、新日本リーグはスポーツ紙の報知新聞だけではなく、二軍戦でありながら一般紙の読売新聞までもが試合結果の詳細を取り上げるほどの熱の入れようだった。


                  当初計画していた一軍と異なる都市にフランチャイズを置く案は頓挫したため、全6球団帯同で全国を転戦する方式で、森永製菓がスポンサーとなり1954年10月に華々しく開幕。しかし数ヶ月も経つとパリーグ8球団が全く脅威ではなかった事が分かり、さらに6球団が帯同して全国を転戦するため、移動や宿泊に費やす経費がバカにならず、球場確保にも手を焼いたため新日本リーグに対する熱は徐々にトーンダウンした。後期戦は全日程消化前の9月5日で打ち切られている。


                  翌1955年、ファームの再編成が行われ日本野球機構管轄のイースタンリーグとウエスタンリーグが始まったため、セリーグは「新日本リーグの解散やむなし」とも考えていたが、森永製菓とのスポンサー契約が残っていたため、やむなくイースタンリーグ、ウエスタンリーグと並行して新日本リーグも行われた。したがって、1955年のみ二軍のリーグ戦は、イースタン、ウエスタン、新日本の3リーグが存在していたことになる。


                  前年は熱心に新日本リーグの試合結果も記事にした読売新聞は一切取り扱わなくなり、報知新聞も情報量が一気に減り、最終的には報知新聞も試合の結果すら報じなくなっている。結局、全試合消化前の8月9日にリーグ戦は早々に打ち切られ、森永製菓との2年間のスポンサー契約も満了したため、この年限りで新日本リーグは解散となった。


                  最後はスポーツ紙からも見放される形になった新日本リーグだが、私は1954年、1955年の全試合のスコアを調べ、さらに面白いエピソードもいくつか見つけた。これらは、いつか何らかの形で紹介できればと思っている。

                  板東英二の現役最後の勝利

                  0
                    所得隠しが発覚して以降、テレビから姿を消した元中日の板東英二。
                    1959年に中日に入団。実は救援専門投手の草分け的な存在でもあった。
                    クラシックSTATS観賞より


                    0勝に終わった1969年限りで引退するが、現役最終年の1969年5月9日のアトムズ戦に3番手で登板し、1回を投げて5失点と炎上。開幕から調子が上がってなかったこともあり、この試合後に二軍落ちしている。


                    1950年代は各球団の一軍と二軍の壁はとてつもなく厚く、シーズン中に一軍選手と二軍選手の入れ替えはほとんど行われていなかった。「二軍=育成の場」とはほど遠く、どちらかと言えば一軍の試合に出場できない選手が出場するのが二軍という球団が大半だった。


                    1960年代中盤くらいになると、球団の功労者的な選手が現役の最晩年を二軍で過ごすということも多くなり、板東も最晩年の1969年は二軍で多く登板している。


                    1969年の板東英二の二軍戦登板記録



                    二軍降格後、2試合目の登板となった6月2日のウエスタンリーグ南海戦。6回表からマウンドに上がり延長12回までを投げ切る超ロングリリーフ。12回裏に堀込基明がサヨナラ満塁ホームランを放ったため勝ち星が舞い込んだ。1969年は一軍では未勝利だったため、6月2日が実質的に現役最後の勝利投手となった日ということになる。


                    8月2日のウエスタンリーグ近鉄戦では9回途中からマウンドに上がるが試合は2対2のまま延長戦に突入。
                    最後は力尽きて延長19回裏に相手投手の橋本孝志にサヨナラヒットを浴びて敗戦投手となるが、救援で10回以上を投げている。
                    なお、この試合では右肩痛のため二軍でリハビリ中の権藤博が途中から二塁を守り、打つ方では4打数1安打だった。

                    板東はこの試合後に一軍に昇格。しかし戦力にはなれずこのシーズン限りでユニフォームを脱いだ。
                    二軍では12試合に登板して1勝2敗ながら、現在のルールに当てはめれば3セーブ。防御率は1.88だった。

                    史上唯一のプレーオフ

                    0
                      日本プロ野球では2チーム以上が同率1位でシーズンを終えたことはない。
                      よって、優勝決定戦となるプレーオフが実現したことは未だない。今年のセリーグは空前絶後の接戦を繰り広げているが、勝率が並んだ場合は勝率、勝利数、該当球団同士の対戦成績で決め、全てで並んだ場合は前年の順位で優勝を決めると規定され、優勝決定戦のプレーオフなどをする気はさらさらないようだ。


                      しかし、二軍では過去に2チームが同率で1位となり優勝決定戦のプレーオフが実現したシーズンが存在する。
                      1964年のウエスタンリーグ。

                      この年は1チーム48試合が行われたが、南海、阪神の2チームが27勝19敗2引き分けで並んだ。ちなみに対戦成績は南海の6勝2敗だったため現在の規定に合わせると、対戦成績で勝っている南海が優勝ということになるが、3試合2勝先取方式のプレーオフが開催された。


                      1964年10月10日 大阪球場 優勝決定戦1回戦
                      阪神 100 000 000 = 0
                      南海 101 000 00X = 2
                      <寸評>
                      1回戦、阪神が初回に幸先よく1点を先制するが、その裏、南海はシーズンは0本塁打だった唐崎信男の先頭打者本塁打ですかさず同点に追いつく。さらに南海は3回、無徒の本塁打で勝ち越し、この2点を守り切って南海が先勝した。


                      1964年10月11日  々短勹犁緇譟〕ゾ〃萃蠕2回戦
                      南海 000 042 0 00 = 6
                      阪神 007 000 00X = 7
                      <寸評>
                      1回戦を落として後がないがけっぷちの阪神だったが、3回裏に南海守備陣の2失策と大量7得点。阪神の楽勝かに思われたが、南海も粘り5回に4点、6回に2点と1点差に詰め寄った。しかし南海の反撃もここまで。阪神が1回戦の雪辱を晴らし両チーム1勝1敗のタイとなった。


                      1964年10月12日 甲子園球場 優勝決定戦最終戦
                      南海 000 001 001  = 2
                      阪神 001 000 101X= 3
                      <寸評>
                      両チーム1勝1敗のタイで迎えたウエスタンリーグ優勝決定戦のプレーオフ最終戦。1対1の7回裏に阪神が中島広喜のタイムリーで1点を勝ち越し。阪神はこのまま9回表二死までこぎつけるが、南海も驚異の粘りを見せて代打・清末のタイムリーで2−2の同点に追いつき試合は振出しに戻った。
                      南海は8回から救援の永本勲二が9回裏もマウンドに上がるが、四球、二塁打と乱調。最後は伊藤舜二にサヨナラタイムリーが飛び出て阪神がウエスタンリーグ5連覇を飾った。


                      優勝決定戦の名に相応しいプレーオフ3連戦となった。前座試合が中心で観客が10人を切ることも珍しくなかったウエスタンリーグだが、1回戦は100人、2回戦は500人、3回戦は700人の観客が訪れており、一部のファンの間では盛り上がったようだ。


                      ちなみにこのプレーオフ3試合は個人のシーズン公式記録にも通算されている。南海の永井はシーズン9連勝で負けなしだったが、プレーオフ最終戦で敗戦投手となったため1964年シーズンの記録上は9勝1敗。中日の小川健太郎が5勝0敗で勝率10割だったため、最後の最後で優勝だけでなく最高勝率のタイトルまで逃してしまい踏んだり蹴ったりだった。

                      和田と小笠原の二軍成績

                      0
                        9月になると徐々にベテラン選手の翌年の去就が報じられ始める。
                        先日は中日の小笠原道大が来年の戦力構想に入ってない事が報じられたが、今日は和田一浩が今シーズン限りで引退することが報じられた。ともに40歳を超えるベテラン。


                        両選手ともに入団時は捕手。捕手としてはいまいちだったが、元々定評があった打力を生かすために野手に転向してからの活躍がめざましかった。両選手の二軍での足跡を調べてみた。


                        まずは小笠原。

                        小笠原

                        3年目の1999年に一塁手に転向。バントをしない「恐怖の二番打者」としてブレイクする。しかし小笠原はブレイク前から意外に二軍での下積みが少ない。打力を買われて一軍で代打として重用されていたためだ。

                        FAで巨人に移籍後も主力選手として活躍をするが、統一球が導入された2012年に打撃不振に陥り14年ぶりに二軍戦に出場。
                        今シーズンは開幕から代打の切り札として存在感を見せたがチーム事情により7月6日に二軍落ち。ウエスタンリーグには20試合に出場して.333の高打率を残している。


                        続いては和田。
                        和田

                        小笠原と同様に入団時は捕手。打力を生かすためにしばし一塁、外野でも出場していた。外野手に本格的に転向した2002年以前は二軍戦にもよく出場している。入団から3年間でイースタンリーグで30本塁打を打っている。


                        二軍の成績とは全然関係ないが、実は和田には思い出がある。
                        和田が西武に入団した当時、私はまだ高校生だった。高校生だった頃にベースボールマガジン社から発売されているBBM野球カードを少し集めていた時期があったが、ベースボールマガジン社から日本シリーズ後に日本シリーズカードというものが発売されていた。


                        日本シリーズに出場した全選手がカード化されるのだが、となれば多くの選手にカード化されてほしい。出場しなければカード化されないので、とにかく一人でも多くの選手に出場してほしいと思っていた。

                        和田が1年目の1997年、日本シリーズは西武対ヤクルトだった。4勝1敗でヤクルトが日本一になったため、この年の日本シリーズは全部で5試合だった。
                        和田がベンチ入りしていたのはしっていたが、第5戦の8回が終わった時点で一切出番がなかった。ヤクルトが勝てば6戦以降は行われないため、「このままでは和田はカード化されない」とあきらめかけたころに、9回表に誰かの代走に和田が起用されてシリーズ初出場。めでたく1997年のBBM日本シリーズカードで和田もカード化されたと記憶している。


                        あれから18年。和田はとてつもなく偉大な選手になっていた。


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>

                        野球ブログ瓦版!

                        ゆるすぽweb

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 三軍の歴史−下−
                          名無し
                        • ルーキーイヤーの松井秀喜の二軍成績
                        • ライト中畑清
                          管理人
                        • ライト中畑清
                          XLIV
                        • 金城龍彦の父のプロ野球選手時代
                          マニア
                        • 山崎福也の父は二軍の強打者だった
                          れみちち
                        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
                          管理人
                        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
                          管理人
                        • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
                          たか
                        • 吹石徳一の二軍成績
                          イレブン

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM