スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.17 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    相川、巨人入団に関する考察

    0
      FA宣言していたヤクルト・相川の巨人入りが報じられました。
      しかし相川の巨人入りに関しては「小林を育てるつもりじゃなかったのか?」と専門家や巨人ファンから批判的な意見も多く聞かれます。
      今回は野球史ネタではなく、珍しく時事ネタで巨人の相川獲得に関して私なりの考察を書いていこうと思います。


      まず巨人の捕手事情をおさらい。
      来年からは阿部が一塁手に転向することが決まり、巨人の捕手陣容は小林、實松、加藤、鬼屋敷、河野に育成ドラフトで獲得した田中貴也の6人。
      普通に考えれば一軍は2年目の小林に、實松、加藤の両ベテランの3人体制を敷くのでしょうが、正直この面子で1年間143試合の長丁場を戦うのはちと厳しいです。それは誰が見たって明らかでしょう。イースタンリーグだって100試合近いシーズンがあり、シーズン中に誰かがケガをする可能性だってあるわけで、そもそも捕手の頭数が足りてません。

      そりゃ巨人ファンだったら「小林が120試合くらいスタメンマスクを被って、残りは實松と加藤で・・・」とそろばんをはじきたいですが、プロ野球の世界そんなに甘くはありません。


      プロでのキャリアがまだ1年しかない小林に過度な期待は禁物。つまり、巨人は小林がコケた場合のことも想定しなくてはなりません。「實松と加藤がいるじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、たしかに實松、加藤は経験もあり優秀な捕手ですが、それは絶対的な正捕手の阿部がいたからではないでしょうか。つまり、「阿部の控え」として優秀なのです。今までは阿部の休養時か体調不良時に年間数試合マスクをかぶる程度で、その数試合で力を発揮してくれましたが、これが年間になってくるとどうか。はっきり言って、2人とも正捕手を任せるには物足りないレベル。

      となると阿部を一塁手から再コンバートさせるなんて考えも出てきそうですが、原監督は、阿部をもう捕手には戻さないことを公言しています。

      そういう意味で、「小林がコケても阿部を捕手に戻さない」手立てを考えなければなりません。
      そこで経験豊富な相川を獲得することによって、小林がうまくいかなかった場合は相川を起用。相川がいることにより、小林がコケても周囲から阿部の捕手再コンバートの声を打ち消せます。

      すなわち、相川は正捕手・小林がダメだった時の保険であり、一塁手・阿部を完全実現させるための保険でもあります。


      巨人は「レギュラー捕手は横一線で勝負」を強調して相川を口説き落としましたが、FAで獲得しようとする選手に「若い小林のバックアップをしてやってください」なんぞお願いできるはずもないでしょう。
      おそらくはシーズン序盤は小林を優先的に起用し、ある程度の見極めをした段階で相川との併用、もしくはずっと小林でいくというような判断になるのではないでしょうか。


       

      韓国で行われた公式戦

      0
        2002年5月14日、ダイエーとオリックスが台湾へ遠征し公式戦を開催し、海外で公式戦が開催されるのはアメリカの占領地だったころの沖縄を除くと、1940年7月〜8月に全球団で実施した満州遠征以来ということでちょっとした話題となりました。
        しかし、ダイエーとオリックスが台湾遠征をした2002年から38年前の1964年、イースタンリーグの公式戦が韓国で開催されたという事実はほとんど知られていません。


        1964年5月29日。東映、大洋の両チームは小倉から船で釜山へ渡り、ソウル、大邱、釜山を転戦し、公式戦4試合、地元チームとの交流戦4試合の合計8試合を行いました。
        まだプロ野球がなかった韓国ですが、4月30日、31日の試合には連日1万5千人の観客が訪れ、ソウル球場を満員にするほどの盛況ぶりだったと言います。


        イースタンリーグの韓国遠征そのものは大成功し、「韓国にプロ野球でプロ野球が始まる日も近い」かに思われましたが、実際はこの遠征から韓国プロ野球が始まるまでは18年待つことになります。。

        とんでもない勘違いでてんやわんや

        0
          相変わらずの二軍史です。

          現在巨人の二軍は、イースタンリーグ公式戦以外にしばし社会人や大学のアマチュアチームと交流戦を実施しています。ソフトバンクも三軍を編成し、ウエスタンリーグ公式戦とは別に、四国アイランドリーグに参戦したりアマチュアチームとの交流戦も行っています。

          昔のファームは、シーズン中に公式戦とは別にしばしオープン戦を行っていました。これは実践の場を確保するためでもありましたが、地方へ遠征した際に日程を有効的に利用するという興業的な面もありました。
          また、地方球場はグラウンドの整備が行き届いていない時もあり、選手が全力プレーをするのに支障をきたすグラウンド状況と判断されるような場合は、急きょ公式戦がオープン戦に変更になるというケースもありました。以下は1961年に起こったエピソードです。


          国鉄と巨人の二軍は信越地方へ帯同遠征し、この日はイースタンリーグ公式戦とオープン戦の変則的なダブルヘッダーが予定されていました。ところが国鉄はこの日の日程を「公式戦ダブルヘッダー」と勘違いし、第2試合目のオープン戦も公式戦用の選手起用を行いました。1点を争う接戦にも関わらず、試合終盤になり巨人が普段はイースタンリーグの公式戦には登板しない打撃投手の荻野一雄が登板してきたことで国鉄側は「おかしい」と気が付き、この試合が公式戦ではなくオープン戦だったことを知ったと言います。

          ただでさえ選手数が少ない国鉄は大慌て。翌日は公式戦のダブルヘッダーが予定されていましたが、ダブルヘッダーでは投手のやりくりができないため巨人側に頼み込んで翌日を「公式戦ダブルヘッダー」から、「公式戦とオープン戦のダブルヘッダー」に変更してもらい事なきを得ました。

          いまでは考えられないような話しですが、実際にこのようなとんでもない勘違いが起きたのでした。


           

          新人王が出なかった年

          0
            その年に最も活躍した新人選手に与えられる新人王のタイトルが始まったのが、セ・パ両リーグに分立した1950年。
            個人的に今年の新人王は、セリーグが大瀬良(広島)、パリーグが石川(ロッテ)ではないかと思っています。
            新人王の表彰が始まって今年で65年ですが、65年の歴史の中で唯一セ・パともに新人王が出なかった年が1963年。


            しかしこれには、とある事情がありました。



            前年の1962年、内村祐之氏がコミッショナーに就任します。そして内村コミッショナーの発案により1963年より新人選手の「研修制度」が始まります。新人選手はシーズン前に研修講座を受けたのち、一軍の公式戦に出場できない研修期間が設けられました。研修期間は成人者は開幕から50試合、未成年者は開幕から100試合とし、この間は一軍公式戦の出場を制限されたのです。


            1963年は大橋勲(巨人)、辻佳紀(阪神)、三沢今朝治(東映)、林俊彦(南海)らの注目の新人がいましたが、当然、鳴り物入りで入団の新人だろうが一軍の試合には出場できないため、二軍の試合への出場を強いられました。開幕からの試合出場制限が設けられたため、当然この年はセ・パともに突出した成績の新人選手はおらず、新人王が出なかったのです。

            しかしこれが思わぬ副作用も生みます。二軍の試合に注目の新人が出場するということもあり、イースタンリーグ、ウエスタンリーグの試合の観客が大幅に増えました。
            イースタンリーグは東京での試合は例年であれば100名前後しか観客が入らないところ、神宮第二球場での巨人ー大毎の開幕戦には1700人もの観客を集めました。また、記者席には常時複数の記者が足を運んだと言います。

            しかし、球団関係者としては大枚をはたいて獲得した新人選手に出場制限が設けられるのは当然おもしろくありません。翌1964年には研修期間は5月いっぱいと短縮され、1965年からは完全に廃止されたのでした。


            空前のドラフト当たり年となった1989年に入団の選手に、「もし研修制度があったら」1年目はどんな成績になったのかと妄想は膨らみます(笑

            二軍監督・コーチはイースタンリーグの試合に出場できた

            0
              9月に開催された昭和20年代野球倶楽部で、「昭和20年代のファーム(二軍)の世界」という発表をさせていただきました。
              その時に発表した内容の一部を広尾晃さんの「野球の記録で話したい」でご紹介いただきましたが、この件についてさらに詳しく掘り下げてみようと思います。


              その昔、イースタンリーグでは二軍の監督、コーチの試合出場が認められていました。
              1966年7月に開かれたイースタンリーグの幹事会で「選手へ手本を示すため」に、二軍の監督、コーチの出場が許されることが決まります。1960年代は各球団ともに選手数が少なく、ファームの試合に投手が野手として出場するということがよく起こっていました。「選手への手本」というのは建前にすぎず、選手不足を補うために二軍監督、コーチも試合に出場してもOKというのが本当のところでした。


              コーチで実際に試合に出場した第1号が巨人の二軍コーチ・福田昌久。
              1966年9月29日の大洋戦対巨人戦(川崎球場)に福田は8番レフトでスタメン出場。結果は4打数1安打でした。
              さらにこの日に行われたダブルヘッダーの第2試合にも8番レフトでスタメン出場。3打数0安打で8回表に代打・淡河が送られて途中交代します。コーチとはいえ、福田はこの時は33歳。まだまだ体が動いたのでしょう。


              他には1968年4月5日の東京対サンケイ戦(武山球場)。親分の愛称で親しまれた東京の二軍打撃コーチ・大沢啓二が試合途中からレフトのポジションにつき、延長12回まで試合に出続けました(3打数0安打)。

              約1年後の1969年6月12日のロッテ対アトムズ戦(武山球場)。
              8回裏にマウンドに上がったロッテの安藤、堀田の2投手がピリッとせず、2四球と1安打で1アウト満塁のピンチを作ると、ロッテはたまらずに投手交代。ここで5番手としてマウンドに上がったのが二軍投手コーチ・植村義信でした。植村は1961年に引退しているため、実に8年ぶりのマウンドでした。
              8年ぶりの登板に力んだのか先頭の中新井に押し出しの四球で1点を与えてしまいますが、次打者の君島を併殺に打ち取り、1アウト満塁の絶体絶命のピンチを最少の1失点で切り抜け、見事に「選手への手本」を示しました。


              ちなみに二軍の監督、コーチがイースタンリーグの試合に出場できる規約は1983年までありました。
              私が確認できた二軍監督、コーチの試合出場は上で紹介した3件ですが、もしかしたら他にも試合に出場していた監督、コーチはいたかもしれません。

               

              投手・柴田勲

              0
                巨人一筋でプレーした柴田勲といえば、日本人初のスイッチヒッターとして知られ、赤手袋をトレードマークに1・2番打者としてV9に多大なる貢献をしました。

                入団時は投手。しかしながら投手としては1年目に6試合に登板して0勝2敗、防御率9.82と結果を残せず、その後、野手にコンバートされます。そんな柴田は新人時代に結果が残せずに二軍落ちしてすぐに野手にコンバートされたように思われがちですが、二軍落ち後、実はイースタンリーグで投手として登板をしています。
                そこで、柴田の1年目(1962年)のイースタンリーグでの記録をまとめてみました。


                9月23日の詳細が不明ですが、13試合に登板し2完封含む7勝を挙げています。防御率も1点台。
                打者としても打率3割以上をマーク、しばし代打で起用されている試合もありセンスの良さを見せていますが、投手としても決して烙印を押されるほどのものではなかったのではないかと思えます。
                投手を続ける以上に野手にコンバートした方がいいという判断だったのでしょうが(実際、大成功した)、「もし柴田がこのまま投手を続けていたら」どうなったのか興味あります。


                ※1962年の柴田勲のイースタンリーグ成績(9月23日は不明)
                柴田勲
                 

                巨人軍FA戦線〜プロテクト大予想〜

                0
                  日本シリーズが終わり、阪神・鳥谷のメジャー挑戦や、オリックス・金子千尋の去就に注目が集まっていますが、そんな中飛び込んできたのが、DeNAの金城、ヤクルトの相川を巨人がFAで獲得の意向の報。


                  「ロートルの2人が本当に必要なの?」という声はさておき、仮に相川をFAで獲得した場合、Bランクの選手になるため人的補償を求められるケースもあり得ます。ましてや巨人、ヤクルトの二軍は同じイースタンリーグに所属し、真中新監督は現役晩年を二軍で過ごし、引退後の2009年〜2013年までの間は二軍コーチ、二軍監督を歴任しただけに、巨人の若手選手のことは知り尽くしていると言っても過言ではないでしょう。相川がFAで巨人に移籍した場合、人的補償で目をつけている選手がいるとしても不思議ではありません。


                  FAの人的補償でプロテクトできるのは28選手。そこで、巨人がFAで相川を獲得した場合、誰をプロテクトするのかを個人的に大予想してみます。

                  <投手>
                  澤村、大竹、杉内、菅野、内海、西村、山口、小山
                  <捕手>
                  阿部、小林
                  <内野>
                  坂本、片岡、村田
                  <外野>
                  長野、亀井、高橋由、橋本、大田


                  以上の18名は確実でしょう。
                  「高額のベテラン選手には手を出さない」という声がよく聞こえますが、仮にも生え抜きで将来の幹部候補生の内海、阿部、高橋由らが流出するようなことは絶対に許されないので、まず確実にプロテクトするでしょう。今年の終盤、長距離砲としての大器の片りんを見せかけた大田も外せません。


                  18名はすぐに上がりますが、難しいのは残り10名の選定。
                  ヤクルトというチームの性質を見ると、成長著しい山田、雄平を筆頭に野手は揃っていますが、投手が壊滅状態。ゆえに、投手を指名してくる可能性が高いというのが個人的な見解です。


                  残り10名の候補を挙げてみると、
                  <投手>
                  久保、香月、高木京、福田、宮国、田原、松本竜、青木、今村、江柄子、笠原
                  <捕手>
                  実松、加藤、河野、鬼屋敷
                  <内野>
                  寺内、藤村、井端、中井
                  <外野>
                  鈴木尚、松本哲、矢野


                  おそらくこのあたり。ヤクルトのチーム事情からすると投手を厚くプロテクトしたいところです。
                  去年は開幕投手を任された将来のエース候補の宮国、同じくエース候補の3年目の左腕今村の2人は伸び悩んでいるものの、素材の良さを誰もが認めるところなので外せません。さらに終盤にロングリリーフとして適性を見せた高木京、勝ち星はなかったものの19試合に登板して防御率2点台の江柄子、DeNAのグリエルとの口論が記憶に新しい笠原も若手の中では抜けている存在だけに外せません。田原も巨人投手陣の中でも珍しいサイドスローなだけに残しておきたいところです。

                  これで6名なので残りはわずかに4枠。生え抜き最年長の久保、41試合に登板した香月、貴重なワンポイントの青木も流出は避けたいところですが、年齢やプロテクトできる人数の枠を考えたらやむを得ないでしょう。


                  続いては捕手。
                  相川が入団した場合、小林と正捕手を争うことになるが、捕手という特異な性質のポジションがゆえに、ヤクルトには若い中村がいるとはいえ経験豊富な相川が流出する以上、経験のある控え候補の捕手は欲しいところでしょう。投手とともに狙われる可能性は十分にありますが、名前の挙がっている4名はいずれも「3番手捕手候補」なのだ。ここはあえてスルーで捕手の追加プロテクトはなし。

                  内野手は、かつて盗塁王も獲得し、内野、外野を守る藤村は残しておきたいところ。今年はケガにないたけど、一昨年革新的な活躍を見せた中井も残しておきたい。井端、寺内の両ベテランはごめんなさい。
                  よって、内野手は藤村、中井の2名で残り枠は2。

                  最後は外野手。
                  まず代走屋として何度となく勝利に貢献した鈴木尚は絶対に外せません。
                  今年は不調ながらも代打として勝負強い矢野、守備のスペシャリスト松本哲は、、、、ごめんなさい。これもやはり年齢と枠で・・・
                  外野手で鈴木尚の1名でこれで27名。


                  あれ?プロテクト枠は28名。
                  そう、まだ1名枠があるのだ。ここで敢えて推すのは3年前のドラ1・投手の松本竜。
                  即戦力が欲しいであろうヤクルトが、実績が皆無で将来性で人的補償を選ぶというのは考えにくいですが、「3年目のドラフト1位」ということを考えれば、球団の編成上、外せないのではないだろうか。


                  結果、以下が私が独断と偏見で予想した巨人のプロテクトリスト。

                  <投手15名>
                  澤村、大竹、杉内、菅野、内海、高木京、宮国、田原、西村、松本竜、今村、山口、小山、江柄子、笠原
                  <捕手2名>
                  阿部、小林
                  <内野5名>
                  藤村、坂本、片岡、村田、中井
                  <外野6名>
                  長野、亀井、鈴木尚、高橋由、橋本、大田


                  「あの選手がいない!」「なぜあの選手がプロテクト?」等の異論はあるでしょうが、あくまでも個人的な予想ですので悪しからず。


                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << August 2017 >>

                  野球ブログ瓦版!

                  ゆるすぽweb

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • 三軍の歴史−下−
                    名無し
                  • ルーキーイヤーの松井秀喜の二軍成績
                  • ライト中畑清
                    管理人
                  • ライト中畑清
                    XLIV
                  • 金城龍彦の父のプロ野球選手時代
                    マニア
                  • 山崎福也の父は二軍の強打者だった
                    れみちち
                  • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
                    管理人
                  • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
                    管理人
                  • 巨人軍多摩川グラウンド跡地を訪ねて
                    たか
                  • 吹石徳一の二軍成績
                    イレブン

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM